ゴールデンレトリーバーのアレルギーについてお伝えしています。

アレルギーについて

犬の病気にも様々ですが、ゴールデンレトリーバーの場合はアレルギーが心配です。

人間と同じでゴールデンレトリーバーもアレルゲンが侵入すると抗体反応が起こります。過剰に抗体が作られると体に異常が現れますが、食事や室内の環境物質等によってアレルギーが出ることがあります。

またゴールデンレトリーバーに多いアレルギーは皮膚炎として現れます。アレルゲンへの接触によって皮膚が炎症を起こす状態です。ノミによるものも多いですし、埃、カビ、花粉等の空気中に含まれる物質を吸い込んだ場合も多く見られます。

アレルギー性皮膚炎になると痒みも強めです。身体中が痒くなると患部を引っ掻いて痒みを解消しようとしたり、自分で噛む場合もありますが、被毛の中の皮膚が赤くなってきて腫れあがったりブツブツになったりすることもあります。

もし、あなたの飼っているゴールデンレトリーバーがこのような症状になったら、できるだけ早く獣医さんに連れていくことが肝心です。

かゆみには抗ヒスタミン系や炎症にはステロイドを投与することもありますが、それぞれに影響を踏まえていかなければなりません。

また、予防方法としては、まずはじめにアレルゲンを特定すること、そしてできるだけそれらとの接触を避けるようにケアすることです。

血液検査等が必要になる場合もありますので、やはり獣医さんに相談するのがベストです。もちろん普段からアレルギーになりやすいものを避けることも大切です。

ゴールデンレトリーバーは室内犬として飼っているケースがほとんどですから、掃除機をこまめにかけたり、換気設備もしっかり備えておくこと、もちろんシャンプーも大切です。

シャンプーでアレルゲンを洗い流す場合は専用のシャンプーがお勧めです。きめ細かい粒子を持つ泡がごく小さな汚れを落すために効果的です。

また、シャンプーが皮膚に残ってしまうだけでも、ゴールデンレトリーバーは皮膚炎にかかりやすいため念入りにすすぐことも大切です。大切なゴールデンレトリーバーが痒みで悶絶しそうになってはかわいそうです、普段からのケアがまず第一です。