ゴールデンレトリーバーの無駄吠えを止めさせるあるしつけ方法をお伝えしております。

無駄吠えのしつけ方

ゴールデンレトリーバーの無駄吠えのしつけのポイントについて

ゴールデンレトリーバーは従順で無駄吠えも少ない犬種です。しかし、ゴールデンレトリーバーが子犬の時期は特に夜鳴きを繰り替えすこともあります。

やはり環境が変わって寂しくなることもありますし、夜中ですから物音1つしない状況は誰もが不安になるものです。ゴールデンレトリーバーが夜鳴きを繰り返す場合、色々な対策が考えられますが、電気を薄めに点けてあげたり、ぬいぐるみを置くなどが一般的です。

ぬいぐるみやおもちゃでもいいですし、他にはラジオをかけながら寝るのも良い方法です。昼間によく聞くラジオや音楽を鳴らせば大分落ち着くと思います。

サークルで寝ている場合はタオルなどを利用して包んでみたり、寝る環境が落ち着けるかどうかも大きなポイントです。夜鳴きではなく昼間でも本格的に吠えてしまうような場合は、しっかりと無駄吠えのしつけをする必要があります。

例えば子犬が突然吠えたら新聞紙などを使って驚かせること、床をたたくのもいいですし、安全なものを投げつけて大きな音をさせる、ペットボトルに金属製の音が出るものを詰めて投げる方法も考えられます。

他には顔をめがけておもちゃの水鉄砲をかける、吠えたらフードをあげる時間を遅らせるなどもよくあるしつけ方法です。

もちろん遊んであげる時間が短ければそれだけ無駄吠えも出やすいと言えますので、散歩もしっかりこなして室内でも十分な時間遊んであげることが大切です。

また、ゴールデンレトリーバーはストレスが溜まると他にも噛み付き癖が出たりしてとてもやっかいです。吠えたらあまり大きなリアクションをしないことも大切です。

逆に喜んでいると思われるとますます吠える音も大きくなってしまって近所迷惑にも発展します。ゴールデンレトリーバーは大型で吠える声も大きいため、大人しいからと言ってしつけを怠ることは要注意です。

常に大人しくて逆らわないで着いてきてくれるような理想的なゴールデンレトリーバーでいてほしいものです。そのためには飼い主さんのしつけのやり方、この一言につきます。

もしあなたが、ゴールデンレトリーバーのしつけで悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介しているしつけ教材を学ぶことをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにゴールデンレトリーバーのしつけで悩んでいた、延べ10000人の飼い主さん達が、このやり方を実践したところ、短期間で何でも言うことを聞くおこりこうなゴールデンレトリーバーに育てあげることに成功しています。

きっと、このやり方があなたのゴールデンレトリーバーも短期間でおりこうなワンちゃんにすることができると思いますので、しつけで困っている方は今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。