ゴールデンレトリーバーの噛み癖のしつけ方はコツを掴めばすぐに止めさせることができるようになります。

噛み癖のしつけ方

噛み癖のしつけポイント

ゴールデンレトリーバーはとても賢くて服従心も強いタイプですが、噛み癖で悩んでしまう飼い主さんは多くいます。

甘噛みももちろんあります。ゴールデンレトリーバーが子犬の時期は乳歯から永久歯に生え変わって生きますが、この時期に歯がかゆいような仕草をすることがあります。

つまり噛まないとかゆさも解消できませんので、色々なものに噛み付くことがあります。この時にガムなどの噛んでいいものを教えるのが噛み癖のしつけとしてはちょうどよいタイミングと言えます。

またもし、ゴールデンレトリーバーが噛んで来た場合、例えば飼い主さんの手を噛む場合も頻度が高いですが、そのまますぐに怒るよりも無視すること、痛い場合はもちろん放して怒ることもありますが、そのうちに噛むのを止めたら褒めて上げることも有効です。

母犬がいる場合は母犬がよく噛まれます。そして逆に噛み返すことでその痛みを教え、噛まないようになるものですが、人間がしつける場合にも応用したいことです。痛い!と叫んでみることも有効ですし、噛まなくてもつねってみるなども有効です。

他には手にタバスコを振りかけておいた状態でわざと噛ませれば、ゴールデンレトリーバーはとても嫌がります。飼い主さんが噛まれるのであればまだしも、来客があって突然噛んだりしたら大変です。

できれば散歩などでもたくさんの人に接すること、ゴールデンレトリーバーが子犬の時からこうすることで十分に慣れて噛むまで興味を持たなくなります。

物には噛み付いてよくても人間ではダメ、としっかり教えることです。おもちゃや人間以外では家具、ソファーなども大事にしているのに噛まれるとやっかいです。

ガードをしっかりと作っておいてそこから越えられないようにしたり、高い場所に置いたりして守っていくことも大切です。

ゴールデンレトリーバーは活発な犬で運動能力も抜群なものがありますので、中途半端にしないように、またそれによってストレスもたまらないようにすることが大切です。

もしあなたが、ゴールデンレトリーバーのしつけで悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介しているしつけ教材を学ぶことをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにゴールデンレトリーバーのしつけで悩んでいた、延べ10000人の飼い主さん達が、このやり方を実践したところ、短期間で何でも言うことを聞くおこりこうなゴールデンレトリーバーに育てあげることに成功しています。

きっと、このやり方があなたのゴールデンレトリーバーも短期間でおりこうなワンちゃんにすることができると思いますので、しつけで困っている方は今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。