ゴールデンレトリーバーの下痢の原因をいくつか紹介しています。

下痢の原因

ゴールデンレトリーバーを飼うコツ

ゴールデンレトリーバーが下痢をした場合、また食欲も大して変わらないのに痩せているケースはアレルギー性の腸炎からきている可能性が考えられます。

腸炎ですからやはり獣医さんに診てもらうことが大切ですが、タンパク質を多めに摂る等食事面の調整が不可欠になってきます。

もちろん、ゴールデンレトリーバーが下痢を起こす原因は他にも様々あります。食べ過ぎ、脂肪分の多い食事やウイルス、細菌感染、寄生虫や腫瘍などまでかなり広範囲です。

特にゴールデンレトリーバーは食べるだけ食べてしまうような食いしん坊なところがありますので食べ過ぎには飼い主が注意しなくてはなりません。

食べ過ぎ以外には散歩中に変わったものを食べてしまった場合や、人間が食べるような食事を与えたり、乳製品もそうですし、アレルギーの場合はごくわずかのアレルゲンを摂取するだけで下痢に発展します。

また、ウイルスや細菌の場合は腸管内で繁殖してから腸炎を起こします。犬ジステンパーウイルスや犬パルボウイルなども有名です。散歩途中は特によく気をつけて、ゴールデンレトリーバーがおかしなものを食べないようにチェックすべきです。

また、ゴールデンレトリーバーが子犬の時期によく環境の変化についていけなくても下痢はかかりますし、高齢になってからも免疫力が低下して同様にお腹が緩くなることがありますので、成犬の頃はそうでもなくても、という場面も多いと思います。

過食や免疫低下などの軽い症状であれば絶食も効果が高い治療法です。普段もりもり食べているのであれば1日くらい休んでも問題はありません。

ウイルス性のものや細菌感染の場合は抗生物質やインターフェロン等を与えながら治していきます。しかし、症状がひどい場合はステロイドを投与したり、寄生虫であれば駆虫剤を投与します。

ゴールデンレトリーバーも人間と同様に下痢は悩ましい症状です。お腹が痛くないような場合もありますが、腹痛などもあればやっかいです。

このようなことにならないためにも、常日頃から食事を中心としてケアしていくことが大切です。大好きなゴールデンレトリーバーが痩せて運動できなくなってしまうのは飼い主さんとしてもショックは大きいと思いますので、日頃のケアを欠かさないように配慮してあげてください。