ゴールデンレトリーバーをいい子に留守番させる方法はあるコツが必要です。

いい子に留守番させる方法

ゴールデンレトリーバーでも留守番は不安が募るものです。もちろん慣れるまでのことですが、しっかりしつけないといつまで経っても留守番できないダメなゴールデンレトリーバーになってしまうことも考えられます。

ゴールデンレトリーバーも従順でおとなしい犬種ですが、やはりしつけは大切です。

ゴールデンレトリーバーもいきなり子犬の頃に1人にさせれば不安にもなれば恐怖感も感じます。このことで家中を散らかしてしまったり、特異な行動に出るのもしょうがないことです。

まずしっかり留守番させるためには、最初から長く1人にすることは無理があります。まず5分や10分出かけるフリをして様子を見ること、また出かける前は支度するフリをしたりして慣れさせるのも大切です。

また、これから出かけるようなことを強調するように声をかけたりするとよくありません。すんなりと家を空けるようにするのが一番です。10分くらい短い時間であれば余裕だろうと思っても粗相をしでかすことも考えられます。

少しずつ長い時間留守にできるようになっても退屈はしのげません。おもちゃ、おやつ、水などをしっかり用意してあげること、夏場はクーラーを設定しておくことも大切です。

また始めのうちゴールデンレトリーバーが帰ってすぐに吠え立てるようなこともありますが、落ち着くまで無視することです。留守番ではなく主人が部屋にいないだけ、色々なことをしながら時間つぶしができるようになるのが理想です。

留守番といってもごく長い期間空けることもありますが、ある程度慣れたからといっていきなり長くするのも危険です。日中仕事で空ける程度から旅行にまでなると寝泊りする分の用意もしなければなりません。

ゴールデンレトリーバーが1人で何ができるか、お腹が空いたら、トイレが重なったら、ストレスが溜まったらなど、色々な対策方法を用意してから本格的な留守番のしつけをすることが大切です。

もしあなたが、ゴールデンレトリーバーのしつけで悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介しているしつけ教材を学ぶことをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにゴールデンレトリーバーのしつけで悩んでいた、延べ10000人の飼い主さん達が、この方法を実践したところ、短期間で何でも言うことを聞くおこりこうなゴールデンレトリーバーに育てあげることに成功しています。

きっと、この方法があなたのゴールデンレトリーバーも短期間でおりこうなワンちゃんにすることができると思いますので、しつけで困っている方は今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。