ゴールデンレトリーバーの病気についてお話しています。

病気について

長生きさせる秘訣

ゴールデンレトリーバーは大型犬ですが、やはり小型犬に比べてかかりやすいのが骨格系の病気です。他には成長につれて負担が大きくなって起こる「股関節形成不全」があります。

股関節のかみ合いが悪く、常に脱臼の可能性があります。ということは走り回ることもおぼつかない状態でなかなかつらいものがあります。

骨の病気はダイレクトに肥満に影響します。もちろん食べることも影響しますし、ゴールデンレトリーバーは食欲が旺盛ですから普段から食べる量にも要注意です。

ゴールデンレトリーバーの身体に異常がないかどうか、やはり獣医さんに定期的に診てもらうのがお勧めです。

骨格については体重がちょっと増えても影響します。走り回ったりしているうちにゴールデンレトリーバー自身も気付かずにいると飼い主さんもなかなか見分けがつきません。

獣医さんに定期的に診察を受け、骨格を含めトータルな健康診断を受けるのが健康維持の要として理想的です。

他には「胃捻転」も多い症状です。噛み合わせが悪いわけでもないのによく噛まないで飲み込むことが多く、このことで消化がおぼつかずにそのまま動き回ると胃が位置をはずしてしまう病気です。

胃はそのまま機能を落としてしまい、どんどん症状が悪化していくと命を落としてしまう、ゴールデンレトリーバーいます。

またたれ耳犬種の宿命とも言えるのが「外耳炎」です。耳が蒸れやすいと細菌などが繁殖して外耳道が炎症を起こします。やはり普段からの耳のお手入れは大切です。

シャンプーをした後もしっかり耳の水分をケアし、蒸れを防ぐことです。他にも色々な病気が考えられますが、やはり健康管理の基本は食事です。

きちんと栄養管理をして量も加減をすること、便の状態もチェックして、適度な水分調整をこころがけること、子犬から成長している段階はまだまだ丈夫でも、そのまま同じケアだけだと高齢化するにつれて不安も多くなります。

ゴールデンレトリーバーを長生きさせるには、飼い主のちょっとした気遣いやケアで大きくかわっていきます。少しでも長く、ゴールデンレトリーバーと一緒にいるために、常日頃の体調管理には気を使うようにしてあげてください。