ゴールデンレトリーバーのシャンプーの仕方やお手入れ方法を詳しくお話ししております。

TOP > 関連ページ > シャンプーの仕方やお手入れ方法

ゴールデンレトリーバー専門サイト

シャンプーやお手入れ方法

正しいお手入れ方法

ゴールデンレトリーバーのシャンプーは汚れ落としには必須です。

またシャンプーはゴールデンレトリーバーの皮膚病を予防したり、ノミやダニ等のアレルギーの元になるものを駆除するなど、定期的なケアとして怠らないようにすべきです。

ゴールデンレトリーバーはレトリーブすることが本職と言えますから、水遊びも好きなタイプです。ですので、シャンプーへの抵抗も他の犬種より少なめで、慣れてしまえばとても簡単に、気持ちよさそうにシャンプーができて飼い主さんもストレスが無くて済みます。

また、頻度としては月に2回程度までが基本です。あまりやりすぎるとゴールデンレトリーバーの皮脂を落としてしまって見栄えも悪くなってしまいます。また、皮膚病などにもかかりやすくなりますので、やり過ぎは禁物です。

散歩などで汚れて気になる場合も濡れタオル等で拭き取ったり、シャンプーのタイミングも汚れやすい時期に合わせるのが良いでしょう。

また、シャンプー前はブラッシングのお手入れをしてから、つまり毛がもつれていないか確認してから濡らしていきます。

用意するものとしてはタオルやドライヤー、また体を洗うボディソープなどですが、ボディソープは犬専用のものがありますので、そちらを使うようにしてください。人間用のものは強すぎてゴールデンレトリーバーには合いません。

湯温は35度程度で足元からまんべんなく頭までかけ、耳にかかってきたら押さえ込んでお湯が入らないようにします。顔は手の平で洗ったりスポンジなどを使用すると便利です。

ゴールデンレトリーバーの体をしっかりと洗ってあげたら今度はすすいでいきます。洗い残しなどがないように注意して、特に耳のあたりや足、ワキなどに気をつけて洗い流します。リンスをする場合はお湯で薄めたらリンスを手にとって伸ばしていきます。

乾かす時には水切りのためにわざとゴールデンレトリーバーを身震いさせると便利です。もちろん飛び散らないように浴室でが基本です。そして、バスタオルで包んで拭き取ったら今度はドライヤーで乾かしていきます。

ゴールデンレトリーバーにとって大事なケアである肛門腺絞りはこの時にお手入れするのが定番です。他には爪切りなどのお手入れもしやすくなります。

ゴールデンレトリーバーは他の犬種に比べて水に濡れることにさほど抵抗を感じないはずですが、最初のうちはやはり慣れない部分もあると思いますので、プロのトリマーさんなどやり方の方法を聞きながら覚えていくのが良いと思います。