ゴールデンレトリーバーの正しいトイレのしつけ方は実は簡単です。

トイレのしつけ方

しつけトレーニング

ゴールデンレトリーバーのトイレトレーニングはまず気長に続けていくことが基本です。

始めからトイレをしっかり出来る犬はいませんし、大体1ヶ月程度はかかるトレーニングです。

もちろんその間にも粗相してしまうこともあります。
ですが、あまり叱らずに長い目でみてあげることが大事です。

また、トイレのトレーニングはおしっこの臭いにも要注意です。臭いが残っているとそこをトイレだとゴールデンレトリーバーは勘違いをしてしまいます。

その場合、粗相をしてしまったところを消臭スプレーなどでしっかりと消臭し、臭いが残らないように処理するようにしてください。

また、そわそわして落ち着かなかったりすれば、それがトイレのサインと言えます。前触れとしては、床の臭いをクンクンと嗅いだりします。

このような素振りをゴールデンレトリーバーが見せたら設置してあるトイレまで連れて行き、上手くできるようにサポートしてあげること、また上手にできたら褒めて上げることが大切です。

粗相して怒ってもあまり効果はありませんが、逆に褒めて上げると、しっかりとやれば喜んでもらえる、おやつがもらえることをよく意識するようになります。

また、失敗したからといって叱りすぎると、ゴールデンレトリーバーは排便をよく我慢してしまうことがあります。排便をすることは悪いことなんだな、と単純に思ってしまいます。

そうなると、排便を我慢してしまい、ストレスが溜まったり、病気になったりすることもありますので、注意が必要です。飼い主さんの言うことをよく聞くゴールデンレトリーバーが健康を害してしまう恐れも十分にあります。

また、食糞してしまうようになるのもやっかいですので、やはり叱るのはほどほどにが基本です。またゴールデンレトリーバーは大型犬ですので臭いが気になってしまうという飼い主さんも多いようです。そのような場合、消臭スプレーなど上手に活用していく他ないと思います。

ゴールデンレトリーバーは飼い主さんに対して絶対服従的な強い意識を持つタイプです。頭もよくてしつければすぐに慣れますので、やはり最初が肝心です。

なれない子犬のうちからしっかりとしつけることができれば、色々なことを覚えていきますので、後々のしつけも楽になっていきます。

いくら頭の良いゴールデンレトリーバーとはいえ、飼い主がしつけをサボっていると聞き分けの無いゴールデンレトリーバーになることもありますので、しつけはとても重要です。

もしあなたが、ゴールデンレトリーバーのしつけで悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介しているしつけ教材を学ぶことをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにゴールデンレトリーバーのしつけで悩んでいた、延べ10000人の飼い主さん達が、このやり方を実践したところ、短期間で何でも言うことを聞くおこりこうなゴールデンレトリーバーに育てあげることに成功しています。

きっと、このやり方があなたのゴールデンレトリーバーも短期間でおりこうなワンちゃんにすることができると思いますので、しつけで困っている方は今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。