ゴールデンレトリーバーが嘔吐する原因は様々あります。

嘔吐の原因

ゴールデンレトリーバーは食いしん坊

嘔吐といえばゴールデンレトリーバーにもよくある症状でもあり、または癖とも言えます。癖といえば散歩していて道端の草を食べてすぐに吐くことがありますが、胃に残った毛玉などを吐くために生理的な行為とも言われます。

しかし、ゴールデンレトリーバーがドッグフードなどを吐いたりした場合は危険です。

ゴールデンレトリーバーは食いしん坊ですので、食べ過ぎがたたることも考えられますが、心配であれば獣医さんに診てもらうことが大切です。

主治医がいればスムーズですし、できれば吐いた内容物を直接持っていき、吐いた状況を的確に説明できるようにしておくと診察もしやすくなります。

食いしん坊なゴールデンレトリーバーが吐いたと思ったら、フードを全く食べないような場合もあります。このような場合には血液検査を含め精密な検査が大切です。

ゴールデンレトリーバーの嘔吐の原因として多いのは消化不良によるものです。つまりフードが硬い場合はお湯等でふやかして与える必要があります。

また、吐いてしまった後の食事はどうするか、そのまま栄養失調になりはしないかと心配になる飼い主さんは多いと思いますが、1日や2日程度であれば食べなくても問題ありません。

絶食して胃腸を休ませることも大切です。他には鶏頭をよく与えるようですが、一般の方の場合は臭いもあるためやっかいに感じることが常です。1日経ったらしっかりと栄養を考えて適切なフードを与えることも大切です。

また、嘔吐がひどくなると室内の環境にも要注意です。トイレとちがって場所を問わず吐いてしまうことももちろんよくあります。

ですので、防水シートを敷くなりして汚れが染み付かないように対策を立てること、吐いてもすぐに処置できるようにタオル類や新聞紙等も多めに用意しておくことが必要です。

ゴールデンレトリーバーが痩せてしまうのは見ていてとてもかわいそうです。飼い主さんとしてはできるだけ栄養を与えること、そして室内を常に綺麗に保っておくことは最低限のケア方法です。